読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOAD TO LAST MILE

辺境での仕事づくりを目指すラストマイルワークス株式会社の代表小林のブログ。カンボジア歴4.5年。

facebookが途上国社会を変えられないと思うたった一つの理由

今回はVRではなくてICT4D関連のお話。
カンボジアでは日本の昭和時代に流行ったようなアーケードゲームもあり、
駄菓子屋のような露店もありで、なんだか本当に日本の30年前のような環境です。
30年前は自分は生きていませんが、幼少のころのセピア色の娯楽や楽しみは今でも覚えています。ただ、かつての時代と今の途上国の圧倒的な違いはインターネットです。
プノンペンピンボールゲームをやりながらスマホゲームをやっている少年を見た時は衝撃的でした。

カンボジアに移住した当初は空間を超えてできる仕事=アウトソーシングに携わり、今となっては空間だけでは飽き足らず、時間をも超える仕事=VRを軸に事業展開しているわけですが、私の興味は常に「テクノロジーがどうやって途上国を豊かにしていくか」というところです。学問でいうところの、広義のICT4D、IT技術を通した社会開発に興味があります。そのため昔はインパクトソーシング事業などもやっていました。

なので、インターネットがどうやって途上国を変えていくかにも非常に興味があり、
GoogleのProject Loonや、FacebookのAquilaとかは随時チェックしています。
インターネットを求めてヒマラヤを彷徨ったこともあります。

そこで、ネットが世界中どこでも使えるようになったらどうなるのか、今回はそんな話ですが、尊敬している知人はよくこんなことを言っています。

dataとかinformationは受け取る人の教育レベルや経験によって、その人にとって有益にもなるし無意味にもなる。

これは 実体験を通して、ああなるほどと思ってしまう。
カンボジアにきて5、6年経ちますが、今まで一度もfacebookYouTubeで生活が変わったという人を見たことがありません。YouTuberも一部の先進国だけの職業ですし。
今時スラムの子供ですらfacebookのアカウントを持っていたりします。にも関わらず、
生活水準は全く変わらない。GoogleFacebook情報格差をなくすことによって世界を豊かにすると言っているけども、実際はその恩恵を受ける人なんでごくわずかで、大抵の人々は情報を無駄にしてしまう。
理由は上記の通り、情報は受け取る人の教育レベルや経験によって、その人にとって有益にもなるし、無意味にもなります。

情報という字は情に報いると書きます。
情に報いて初めて情報というのであれば、
彼らが四六時中いじっているスマートフォンアーケードゲームのような、
単なる娯楽でしかなく、現実的な環境を改善しない限りは社会性はありません。